ウィスタリア歯科HOHE > 治療について > 歯を取り戻す

歯を取り戻す

「あんなに毎日歯磨きをしていたのに、ひどい虫歯になってしまった……」
「大切な仕事があって、どうしても歯医者さんに行けなかった……」

やむを得ない事情から、歯を大きく損ねてしまうこともあるかと思います。でもご安心ください。医療技術の進歩によって、今では元の歯そのままの美しさと噛み心地の歯を再び取り戻すことができるのです。

歯を取り戻す治療の流れ

歯を取り戻す治療は、大きく分けて

の2つのステップからなります。土台となる歯の状態によっては「コア」という人工の土台を入れる場合もあります。

根管治療(歯の根の治療)

歯の根の部分まで虫歯が達している場合、虫歯菌をきれいに取り除き、新しく上に被せる歯の土台として使えるように処置を行います。

土台となる歯がしっかりしている場合

クラウン(差し歯・被せ物)の装着へ

土台となる歯が かなり傷んでいる場合

コアの製作へ

コアの製作

コア(人工の土台)で土台となる部分を補強します。

クラウン(差し歯・被せ物)の装着

歯の失った部分を、人工の歯で再建します。 同じクラウンでも、材質によって、外観の美しさや耐久性が違ってきます。

保険診療と自由診療(自費診療)

保険診療のクラウンと自由診療のクラウンの比較

  保険診療 自由診療
見た目
×
耐久性
経済性

「自由診療のクラウンは本当に保険診療のものより優れているのか?」という質問をよくうかがいます。難しい問題ですが、まず見た目の点で自由診療のクラウンが非常に優れているのは事実です。保険診療の範囲で使用できる素材はどうしても限られてしまいますので、やはりより良い素材を使える自由診療のものにメリットがあります。

また耐久性も自由診療のもののほうが優れています。自由診療で製作するものは一点一点に充分な技術と時間をつぎ込むことができますので、結果として保険診療のものよりも長持ちする傾向があるからです。

最後に経済性ですが、これは一概には言えません。確かに一点の価格で比較した場合は保険診療のもののほうが有利なのですが、外観や耐久性の問題から、交換の必要が生じた場合、はじめからいいものを選んでおいたほうがよかった、と思うことになるかもしれません。当クリニックは、医療的な観点とともに一人ひとりのご要望もよくおうかがいしたうえで、もっとも適切な方法をご提案いたしております。

かぶせもの(クラウン)

クラウンには、保険の適用できるものとできないものがあります。違いは主に素材ですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

白いかぶせもの

保険適用

保険適用:硬質レジン

硬質レジン
プラスチックのクラウンです。永年使用していると、だ液を吸収し、変色したり、磨り減ってしまったりすることがあります。
また、奥歯については、補強する金属を使用できません。

保険適用外(ハイクオリティータイプ)

保険適用外:オールセラミック(ファインセラミック)

オールセラミック(ファインセラミック)
通常金属で補強するコーピング(内側)部分を強化セラミックで製作し、さらに外側もセラミックで製作します。金属をまったく使わないので、より自然な色調が再現できます。また、永年の使用にも変色せず、天然歯のような美しさを保ちます。
費用はこちら

保険適用外:メタルボンド(電鋳セラミック)

メタルボンド(電鋳セラミック)
コーピング(内側)部分を24金で製作し、外側をセラミックで製作します。金属部分が純金ですのでフィット(適合)に優れ、土台となる歯との境目から虫歯に感染するリスクも少なくなります。また、気になる歯ぐきの黒ずみも出にくく、明るく仕上がります。
費用はこちら

保険適用外(スタンダードタイプ)

保険適用外:メタルボンド

メタルボンド
一般的に「保険のきかない差し歯」といえばこれを指します。色調・形ともに優れ、だ液の吸収による変色や口臭の心配もありません。
内側を強固な金属で補強しますのでブリッジなどに最適です。
費用はこちら

保険適用外(レギュラータイプ)

保険適用外:ハイブリッドセラミック(セラミック+プラスチック)

ハイブリッドセラミック(セラミック+プラスチック)
セラミックとプラスチックを掛け合わせた素材で製作します。
色調・強度ともに保険の硬質レジン(プラスチック)に比べ優れています。症状によっては、金属で補強する場合があります。
費用はこちら

金属のクラウン

保険適用

保険適用:銀歯

銀歯
保険診療では「金銀パラジウム合金」と「ニッケルクロム合金」、「銀合金」という3種類の金属が使用されます。
当クリニックでは、その中でももっとも優れた「金銀パラジウム合金」を使用しております。

保険適用外

保険適用外:金歯

金歯
ゴールドで製作します。フィット(適合)に優れ、また天然歯に近い硬さですので、噛み合う歯を傷めません。生体調和性に富んでいますので体にやさしく、また歯ぐきとの境目も黒くなりにくいのが特徴です。噛む力の強い奥歯の使用に最適です。
費用はこちら

かぶせる前の土台(コア)

保険適用

保険適用:金属コア

金属コア
酸化が生じるため歯ぐきの変色などの症状が出ることがあります。

保険適用外

保険適用外:グラスファイバーコア

グラスファイバーコア
強度的に安心でき、歯ぐきの変色や金属アレルギーなどの心配もありません。
費用はこちら

東京都練馬区田柄5−23−16 ヴィラウィスタリア1F|歯科・矯正歯科・小児歯科 医療法人社団 ウィスタリア歯科クリニック
TEL:03-3970-7300/初診予約専用ダイヤル:050-3542-5556
練馬区光が丘はじめ、氷川台、平和台、練馬春日町、練馬高野台、石神井公園、富士見台、また、板橋区、成増、下赤塚、東武練馬、和光市などからもご来院いただけます。一般の歯科治療はじめ、矯正歯科治療、歯周病治療、ホワイトニング、歯科レーザー治療も積極的に行っており、患者さんに安心して治療を受けていただけるよう心がけております。